読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アドラーを予約なしで買うならこのサイト~!

生きていたら!きっとこの本を面白がったろうと思います。その経験は未来の自分自身を救うかもしれないし!他の誰かの支えになるかもしれない。この本を読みながら!私以上に「青年」に似ていた!ある同級生のことを思い出しました。

コレです!

2017年02月03日 ランキング上位商品↑

アドラー嫌われる勇気自己啓発の源流「アドラー」の教え【電子書籍】[ 岸見一郎 ]

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

まだまだ自分のものにするには読み返さなくてはと思います。読書する事から随分離れていましたが、重たくなりそうな問題を、対話スタイルでテンポ良く話が進んでいくので、どんどん読めます。真逆の考え方で凝り固まって生きてきたので!この考え方は受け入れがたかったです。でも!1度で理解するには難しく!もう一度読んでみようと思いました。タイトルで敬遠していましたが!もっと早く読んでおけばよかったと思える本です。とても良かったので本を購入しました。心理を学びだしていろいろとスッキリしていく反面、どこか腑に落ちない点があったのですが、これを読んですごくいろんなことが納得できました。私も読み返したいです。ただし、実際にどんな形でプラスに転ずるのかは、実際に生きてみなければ分かりません。今まで悩みや苦痛を解消して豊かな人生を送りたくてスピリチュアル、引き寄せ、コーチング、宗教、脳科学フロイトユングといろいろ勉強しました。生前の彼もまた「悩める青年」で!自分のことが嫌で嫌で仕方ない様子でした。他の人にも勧めたい本です。アドラーの教えについては他の本でも読んだことがありましたが、自分のことだけでなく、子育てについても書かれている箇所があり、私にとってはこれが最も参考になりました。前に進めなくなっていました。そのうち疲れてきて感情も無くなりつつありました。今思えば…彼は、哲学の世界には必要な人間だったのかもしれません。ちょうど良いタイミングでこの本に出会ったんだな…、と思いました。電子書籍なので何処でも読めて一気に読み終えました。読むとスーッと気が楽になります。接客業をしている夫へプレゼントです。哲学者とアドラーの教えに反抗的な青年との対話形式で書かれていて!大変読みやすかったです。トラウマはトラウマではなく!トラウマと自分が思っているだけ。私と彼とはよく似ていましたが、一つだけ違っている所がありました。対話形式でとても読みやすいです。電子書籍より、紙面体のほうがおススメかな。本書では!アドラー心理学の第一人者である岸見一郎氏がライターの古賀史健氏とタッグを組み!哲学者と青年の対話篇形式で彼の思想を解き明かしていきます。20代以降の私の人生は、その同級生が出した「極論」に対するアンチテーゼのような所があります。間違っても!自分の価値と未来と可能性を途中で丸ごとブン投げるような真似をしてはいけない。原因論からの脱却を目指した書籍ですね。私は現在30代ですが!考え方でいうと「哲人」と「青年」の中間くらいのポジションになってきた感じがします。例えば生前の彼は!「自分には価値がない」と嘆いたり!辛い経験をして非常に落ち込んだりしていました。◆知らない事を素直に知る感性が無いとただの「木偶の坊」になる警鐘を私は感じました。本当に、この本を読ませたかった。執筆された岸見先生に感謝の気持ちでいっぱいです。どれも的を得ていて感動し納得するのに心の傷みは解消されなかった。プライバシーに関わることを詳しく書くことはできませんが!例えばゲーテの『若きウェルテルの悩み』をお読みいただければ!私の同級生とよく似たケースが書いてあります。原因論から目的論へのシフトチェンジができました。アドラーの考え方を、対話式で書かれているので、とても読みやすくて面白いです。分かりやすく自分の中の問題の整理にとても役立ちます。今は故人です。とてもおススメです。頭の中に「ある極論」が浮かんだ時、私の場合は躊躇してなかなか実行には移せないけれど、あいつはそれを実行してしまう。けれどとても参考になりました。してはいけなかったのです。すごくためになります。極論に走りたがる青年の気持ちも分かるし!それらを丁寧に論破してゆく哲人にも共感できる。(ネタバレになりますので、詳しくは書けませんが...)人の目が気になる、対人関係に悩む気の小さな方におススメの本です。読みやすく、話もシンプルで面白かったです。「アドラーの教え」と「嫌われる勇気」というタイトルに惹かれて購入しました。実践できるようになるまで!時間がかかるでしょう。アドラーは初だったのですがなるほど!と思うことがいっぱいでした。アドラーを知りませんでした。考え方として!大変参考になりました。ありがとうございます!心理学っぽい本が大好きです。また、自分から難しい議論をふっかけてきたかと思えば、いきなり極論に走って嘆きまくるあたりなんか、まるっきり本書の「青年」と同じでしたね。ただ!対人関係で悩んだ時など!自分の「側らの書」になるべく本のような気がしたので!結局!持ち歩けるように本も購入しようと思います。良書ですよ!これは面白いですね、初めて自己啓発本を買いましたが意外に面白いものですね。しかし辛い経験は!(その時はマイナスだと感じられても)長い目で見れば!プラスになる可能性があります。自分が他人の目を気にしすぎる傾向にあるので、このタイトルに非常に惹かれました。そんな時に何となく嫌われる勇気を購入。◆嫌われる勇気自己啓発の源流「アドラー」の教え【電子書籍】[ 岸見一郎 ] 商品単価:1,296円 商品個数:1 2016年5月2日:◆商品基本情報著者: 岸見一郎, 古賀史健 発売日: 2013年12月16日 出版社: ダイヤモンド社 商品番号: 4410258100000 言語: 日本語 対応端末: 電子ブックリーダー, Android, iPhone, iPad, デスクトップアプリ◆商品説明フロイトユングと並ぶ心理学三大巨匠の一人、アドラーアドラーの考えに照らし合わせると!こういった可能性を秘めている「私(あるいは!あなた)には!すでに価値がある」ということになるのかもしれません。(ランキング上位だったので購入してみたのですが)初めて電子書籍で購読しました。が!試してみる価値はあります。それに囚われず、新たな価値を当てはめることで、人生に新たな意味を持たせる。かたい内容かなと思ったのですが!対話形式でとても読みやすかったです。「青年」の考え方が!20代の頃の私とそっくり…(笑)かつて私も!悩める青年でした。私はノロマで臆病で、何をするのも大体人よりワンテンポ遅いけれど、その同級生は、非常にせっかちな性格でした。日本では無名に近い存在ですが!欧米での人気は抜群で!多くの自己啓発書の源流ともなっています。。アドラーについては、全然知りませんでしたが、これを読んで興味がわきました。アドラーの愛に溢れた知恵に触れやっと、全ての過去から解放されました。